婚活で女性に好かれる考え方 〜距離感は意識して縮めよう〜

2017/12/30
二つの花

こんにちは!

 

一般社団法人日本婚活教育協会

認定講師の杉田博之です。

 

 

今日は「距離感は意識して縮めよう」

について書きたいと思います。

 

 

女性との距離は

何度も会っていれば

自然と縮まっていくもの。

 

あなたはそう思っていませんか?

 

ではお聞きします。

 

会社で何年もほぼ毎日会っている

女性っていますよね。

 

そして

その女性との距離感は

ちゃんと縮まっていますか?

 

多分答えは「No」でしょう。

 

そうなんです。

自然に距離が縮むなんて

まずあり得ないからです。

 

どちらかが意識して

距離を縮めようとしない限り

二人の距離は縮まらないんです。

 

だから何回かデートしただけで

二人の距離感は縮まったと

勘違いしてしまう男性は多いんです。

 

何度も自分と会ってくれるんだから

距離は縮まってるんじゃないの?

 

という勘違い。

 

女性からしたら

「ただの友達」ってだけ

かもしれないんです。

 

だからデートの時は

あなたの方から意識して

距離感を縮める努力をしましょう。

 

具体的には

お茶するときなどに

向かい合わせで座るんじゃなくて

隣に座ってみましょう。

 

人にはパーソナルスペース

というものがあって

相手の45cm以内に入っても

相手が不快感を示さないなら

あなたに対して不快感はない

ということになるんです。

 

この壁をクリアするために

清潔感を意識するのは当然として

敬語を止めるとか

名前で呼び合うとか

意識的に距離を縮めることを

色々とやってみましょう。

 

でも焦りは禁物です。

女性は手順を大切にしますから。

 

焦らないで少しずつ

距離感を縮める努力をしていきましょう。

 

今日は「距離感は意識して縮めよう」

について書いてみました。

 

 

杉田博之の結婚の学校では

体験スクールを開催中!

 

結婚の学校のエッセンスを

3時間にギュッと凝縮した

とっても「濃い」内容となっています。

 

「恋愛・婚活が思うように進まない」

そんな方は是非ご参加ください!

 

それでは今日も小さな幸せを感じながら

過ごしていきましょうね。

 

一般社団法人日本婚活教育協会

認定講師の杉田博之でした!